新着情報

  • HOME > 
  • 新着情報

【新築戸建て】 浜松市南区本郷 全5棟 販売中♪

2019/07/30

続きまして、

南区本郷町

1号棟 2,830万円
2号棟 2,830万円
3号棟 2,830万円
4号棟 2,690万円
5号棟 2,930万円

【配置図】
配置

【間取図】
間取り

IMG_0950

IMG_0951

IMG_0952

IMG_0953

IMG_0956

IMG_0959

IMG_0962

IMG_0964

ご興味ある方はぜひともご内見してください♪
建築中の現場に関しては同仕様の完成物件にご案内させていただきます。

お問い合わせはお気軽にどうぞ
スタッフ一同お待ちしております♪♪

CATEGORY :

【新築戸建て】 浜松市浜北区内野台 全1棟 販売中♪

2019/07/30

続きまして、

浜北区内野台3丁目

1号棟 2,780万円

【配置図】
配置

【間取図】
間取り

IMG_1533

IMG_1534

IMG_1537

IMG_1538

IMG_1012

IMG_1013

IMG_1014

ご興味ある方はぜひともご内見してください♪
建築中の現場に関しては同仕様の完成物件にご案内させていただきます。

お問い合わせはお気軽にどうぞ
スタッフ一同お待ちしております♪♪

CATEGORY :

【新築戸建て】 浜松市中区泉 全1棟 販売中♪

2019/07/30

こんにちは。

ここのところ新築戸建情報がたまってしまいましたので
どどーんと一気にご紹介させていただきます♪

1号棟 2,580万円

【配置図】
配置

【間取図】
間取り

【現地写真】
IMG_0966

IMG_0967

IMG_0968

IMG_0969

ご興味ある方はぜひともご内見してください♪
建築中の現場に関しては同仕様の完成物件にご案内させていただきます。

お問い合わせはお気軽にどうぞ
スタッフ一同お待ちしております♪♪

CATEGORY :

浜松市東区植松町 外装工事③

2019/07/30

こんにちは。
早いもので植松町の貸事務所の外装工事も終わりに近づいております。

本日は、貸主様、施工業者、弊社の3者で足場があるうちに上の方まで
検査をしました。

塗料がはみ出しても大丈夫のようにマスキングがしっかりされておりましたので
ぱっと見もとても良い印象です。

IMG_1572

IMG_1573

IMG_1574

IMG_1575

IMG_1576

うんうん、
やはりきれいなのは気持ちがいいですね~~
次の入居者様が決まっておりますので喜んでいただければ自分もとても
うれしいです♪

先週は台風が発生しておりましたが大きな影響はありませんでした。
これも貸主様の日頃の行いでしょうか。
2・3日ほどの工程のズレはありましたが順調に進んでおりました。

次回の報告で最後になると思います。

CATEGORY :

蓄電池 中国企業が日本に 車載大手CATL、住宅向け算入 太陽光に続き価格破壊も

2019/07/30

車載電池の世界最大手、中国の寧徳時代新能源科技(CATL)は25日、住宅・産業向けに
低価格の蓄電池を2020年に日本で発売すると発表した。
11月から太陽光発電の固定買い取り制度の期間が順次終わるため、各家庭では太陽光で
作った電力を外部販売から自家消費に切り替えるケースが増える見込みだ。
CATLはこれを商機とみて、高価格がネックだった蓄電池で価格破壊を起こし、市場を取り込む。

CATLは太陽光発電設備施工のネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ヶ根市)と提携した。
CATLが電池単体などの部材を供給してネクストエナジーが組み立て、20年夏ごろに発売する見込みだ。

住宅用蓄電池は一戸建てで使う容量10キロワット時のモデルの場合、工事費も含めた導入費用は
200万~250万円が相場だという。
同社は蓄電池の新製品本体で100万円を下回る価格も想定し、伊藤敦社長は導入費用全体で
「3~5年後には現在の4分の1程度の価格を実現したい」と語る。  

国内では発電事業者が家庭や工場などの屋根を借り、太陽光発電設備を置く
「第三者所有(TPO)モデル」が注目される。
家庭や企業の初期費用は不要で、電気料金が抑えられる。
両社はまず低価格の蓄竜池をTPOで事業者を通じて家庭などに提供し、家庭への直接販売も視野に
入れる。  

11年創業のCATLは、世界最大のEV市場になった中国で政府の後押しを受け、17年には車載電池の
出荷量でパナソニックなどを上回り、世界首位になった。
独BMWや独フォルクスワーゲンなどに供給している。  

18年の生産量は21.31ギガ(ギガは10億)ワット時で、20年には倍の50ギガワット時まで引き上げる。
豊富な資金力を生かし、質の高い電池を低価格で供給することが可能とされる。

CATL幹部は「日本は戦略的に重要だ」と話す。太陽光の電力買い取り制度終了で市場環境が大きく
変わるのにあわせて、攻勢をかける。  
家庭用の蓄電池はパナソニックなども生産する。同社やシャープなどの日本勢は太陽光パネルで
2000年代半ばに世界シェア上位を占めたが、安い中国製品におされ苦境が続く。
蓄電池でもトヨタ自動車がCATLと7月に業務提携を発表するなど中国勢の力が強まっており、
日本勢は太陽光パネルと同じ道をたどる可能性もある。

【家庭の「自家消費」商機 東電や三菱自 EV、蓄電池に利用】  
太陽光発電の固定価格買い取り制度の期間終了は、家庭にとっては電力販売価格の低下につながる。
東京電力や三菱自動車は、蓄電池を購入せずに電気自動車(EV)などの車載電池を代替に使う例が
増えるとみており、関連サービスの提供を始めた。  

各社が注目するのが、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)の車載電池にためた電気を家庭で利用する
「ビークル・ツー・ホーム(V2H)」と呼ぶ仕組みだ。
自宅の太陽光で発電した電力の余剰分をEVにためて、夜間に使ったり、停電や災害時の緊急電源に
したりする。  

東京電カホールディングス傘下の小売事業者、東京電力工ナジーパートナーなどが出資する
テプコホームテック(東京・墨田)は、EVと住宅をつなぐ機器のリース事業を本格的に始めた。
月額1万~1万5,000円程度で機器を利用できる。

この接続機器を買うと1台数十万円以上かかるため、普及が進んでいない。
リースで家庭の初期負担をなくし、契約から約10年で、機器の所有権を利用者に移す。

自動車業界も動く。三菱自動車は家庭や企業がEVやPHVに電力をためて利用するためのサービスを
日本や欧州で始める予定
。必要な機器の設置からメンテナンスまで一括して提供する。  

野村証券の試算によると太陽光の買い取り制度の終了後、ガソリン車ではなくEVを購入してV2Hの
仕組みを使うと、電力の外部からの購入料金などが減るため12~14年間で初期投資を回収できるという。
自動車メーカーはEVに2つの役割を期待して購入する消費者を増やしたい構えだ。

日経 2019年07月26日朝刊

 

CATEGORY :

ヤマダ「家電+住宅」加速 センチュリー21と提携

2019/07/23

家電量販店最大手のヤマダ電機は不動産仲介大手センチュリー21・ジャパンと業務提携する。
ヤマダの店舗内にセンチュリー21の加盟店が出店し、家電と住宅、住宅ローン商品などをセットで提供する。
ヤマダは自社でも不動産仲介を手掛けているが不動産取引の有資格者の確保に難航している。
提携を通じて事業拡大の基盤を整える。  

センチュリー21が出店するのは、家電に加えて家具や雑貨、住宅を扱うヤマダの新業態店「家電住まいる館」。
現在は80店あり、年内に100店、2020年度末までに最大300店体制にする計画だ。
「宅地建物取引士」の有資格者を大量に確保する必要があった。  
家電販売は少子化による市場停滞やネット通販との競合などで厳しい状況が続く。
ヤマダは住宅関連を「家電の次」に位置づけ育成を急いできたが、業績への寄与はまだ少ない。提携を通じて
てこ入れを目指す。  

センチュリー21はフランチャイズチェーン(FC)方式で全国に不動産店約950店を持つ業界大手だ。
年間取引件数は売買が3万件、賃貸は10万件に上る。多くの買い物客が訪れるヤマダの店舗内への出店は顧客の
開拓にもつながる。
出店する加盟店はヤマダともFC契約を結び「ヤマダ不動産」の看板を使う。

センチュリー21で住宅を買った人がヤマダ傘下の金融子会社で住宅ローンを組むと、ヤマダ電機のポイントを
通常より多く付与するサービスなども検討する。

日経 2019年07月17日朝刊

CATEGORY :

浜松市東区市野町 賃貸マンション 外装工事①

2019/07/23

こんにちは。

先日から市野町にあるピース1の外装工事が始まりました。
梅雨の時期なので雨が少し心配でしたが特に影響もなく進んでおります♪

IMG_1506

IMG_1507

IMG_1508

現在は足場組ですが、敷地内の駐車場をご利用されていらっしゃる方で工事のために
スペースを空けていただきありがとうございました。
しっかりと作業させていただきキレイな建物にしてみなさんにも喜んでいただけますよう
一生懸命頑張ります!

どうぞよろしくお願いいたします。

CATEGORY :

【新築戸建て】 浜松市中区神田 全2棟 あと1棟 販売中♪

2019/07/18

こんにちは。

中区神田の現場が完成しました♪
すでに残り1棟となっておりますのでお近くの方はぜひとも
ご覧下さい!

IMG_1287

IMG_1289

IMG_1290

IMG_1291

IMG_1292

IMG_1293

IMG_1294

IMG_1295

IMG_1296

IMG_1297

IMG_1298

IMG_1299

IMG_1300

IMG_1301

IMG_1302

IMG_1303

IMG_1304

IMG_1305

ご興味ある方はぜひともご内見してください♪
建築中の現場に関しては同仕様の完成物件にご案内させていただきます。

お問い合わせはお気軽にどうぞ
スタッフ一同お待ちしております♪♪

【住宅購入読本無料配布&
手数料最大50%オフのチャンス】
株式会社アスモ不動産
浜松市東区中野町164-5
TEL 053-423-2731
FAX 053-423-2751
E-mail:aeh04672@nifty.com

CATEGORY :

浜松市東区植松町 外装工事②

2019/07/18

こんにちは。

植松町の事務所の外装工事も後半に入りました♪
梅雨の時期ですのでどうしても雨天の日が多かったため、その日は当然作業は
中止となりました。
一応、雨天時になぜ塗装作業をしない方が良いのかを書き出してみます。

①塗装が乾燥しにくい
 湿度が高いため塗料がほとんど乾燥しないため作業が遅れます。

②塗装が白くボケる
 特に金属部に発生しやすい症状で、塗装が白くボケる「白化現象」が発生します。
 雨の日に塗装をすると高確率で起きやすい施工不良です。

③塗料が流される
 塗料が流されてしまうと下地が水分を含んでしまうためムラができたりします。

ただ、雨の日でも塗れる塗料も販売されておりますので一概には言えませんが、
そうでない場合は施工不良になる恐れがあるので注意が必要です。

さて、ここから現場の進捗状況です♪

1
壁と関係ない部分に塗料がつかないように
窓全体にマスキングを施工します。

2
排気口にもしっかりマスキングです。

3

IMG_1498
ローラーで丁寧に塗ってもらってます。

IMG_1496
1回塗っただけで色の違いがはっきりと出ておりました。

IMG_1499
欠けているところをコーキングで埋めております。
地面に塗料が落ちてもいいようにシートを隙間なく設置しております。

ここまでのところ臭いや騒音等で近隣の皆様からのご連絡はないので
現場の皆さんが注意を払って作業をしてくれているのだと思います。

さてさて、もう少しで完成です。
楽しみです♪

またご報告いたします♪♪

CATEGORY :

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください

フリーダイヤル 0120-230-955

メールのお問い合わせ

株式会社アスモ開発
〒435-0004 静岡県浜松市東区中野町164-5
[TEL] 053-421-1420 平日8:00~17:00(日・祝日除く) / [FAX] 053-422-5725

copy

pagetop